アトリエ・ハイジとは

アトリエ・ハイジは1995年12月、オーナーがたった一人でたち上げた超ミニメーカーです。

誕生のきっかけは、乗馬を始めたオーナーがブーツ・ヘルメットを買い揃えたとき、かわいい入れものがどこにも売っていないのに業を煮やし、自身で今のライディングケースの原型を考案、手作りしたことでした。

これが発端でオーナーはOL転じて乗馬関連グッズ製造販売の起業家となり、以来このライディングケースをはじめさまざまな馬柄の製品を創りだしてきました。ウエブショップのオープンは2000年のことです。

ハイジ製品のほとんどが馬柄プリントなのはオーナーがプリント大好き人間だから。(無地派のみなさま、ごめんなさい!)
生地はほとんどがUSAからの輸入品です。毎年新しい馬柄が発表されますがファッションと同じで一つのパターンが何年も継続することはほとんどありません。

もしあなたがハイジのウエブ上で気に入った柄を見つけたらそれは一期一会、運命の出会いと思い定めて即ご購入ください。 アトリエ・ハイジの製品は少量生産なので明日はもう売り切れかもしれません。

アトリエ・ハイジの製品はすべてオーナーがデザインしたオリジナルです。製作は各分野の技術者・職人に依頼しています。
例外は“手しごと工房”。1点製作のゼッケン・長鞭ケース・バッグから小物まで、すべてオーナーの手作りです。手しごとならではの素朴さと温かさが持ち味。心をこめて製作しています。

ご注文はすべてオーナーが受け、製品を丁寧にチェックしたのち梱包・発送しています。

最後にアトリエ・ハイジの名前の由来を一言。

ハイジとはオーナーの唯一の家族であり最愛の娘でもあったビーグル犬の名前です。
彼女はアトリエ・ハイジ発足の1年後、病気で世を去りました。
アトリエ・ハイジの製品に付いている小さなネームタグは彼女のシルエットです。

ではお買い物をお楽しみください!